住宅ローンの申し込みで注意することとは?

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行側から薦めなどはありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。
住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすれば、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を減らす事ができます。
借入額が減る。
という事は、月々の返済額も減る。
という事です。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。
住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても慎重に行われます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。
住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。
この保険の詳しい内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。
これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。
という特別処置です。
保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。

住宅ローン繰上返済シュミレーション!【手数料とメリットは?】