青汁でアトピーが治るなんて嘘?

アレルギーという言葉を聞くと、どのような病気をみなさんは考えるでしょうか。
一般的なもので言うと、花粉症なんかもアレルギーの1つです。
このアレルギーという病気の1つにアトピーがあります。
アトピー性皮膚炎と言い、明確な原因は分かっていないのですが、アレルギーを引き起こす原因として、屋内のほこりや食べ物が関係していると考えられています。
アトピーになると、体のさまざまな部分に大変強いかゆみを伴う湿疹がでます。
症状が出た皮膚はカサカサになったりジュクジュクになったりと個人差があります。
大変強いかゆみなので、掻き過ぎてしまうことで化膿してしまい、痛みを伴うこともあります。
アトピーの改善や症状を緩和させるにはさまざまな方法があります。
1つはアレルギーを引き起こす原因が、屋内のホコリやダニの可能性があるので、清潔に部屋を保つことや、ダスト対策を行うことです。
その他には、できるだけ、強いかゆみや皮膚の炎症を抑えるために内服薬を服用したり、塗り薬を用いることが考えられます。
その他考えられるのが、免疫機能を高めることです。
免疫機能を高めるのにおすすめなのが青汁です。
免疫機能が高まれば体内に入ろうとする外敵を排除しようとします。
そのため、青汁を1日1杯飲むなどして免疫機能を高めることをおすすめします。
しかし、青汁が直接アトピーに効果があるわけではなく、あくまでも補助的な役割であることを忘れてはいけません。
青汁は、野菜の絞り汁のため薬と一緒に服用しても特に問題ないと言われているので、アトピーの薬と一緒に青汁を飲んでみてはどうでしょうか。